従業員の迷いというものが垣間見れるでしょう(笑)

店舗等で使用する際に、みなさん経験があるのではと考えますが、店頭の人が慣れていないためにどちらのレシートを客の方へ提示するのか迷うことがあります。スポーツベット おすすめ

というのも、カードを処理するとレジからは複数枚のレシートというものが出力されるためでこの明細の中のどの明細を利用者側へ渡すべきか迷うというケースがあるのです。カイテキオリゴ オリゴのおかげ

複数の使用レシートについて上記の3枚1組の使用明細の解説とは?というのは、以下の記載のようになります。冷凍 ギフト

1お客さんへ渡さなければいけない使用レシート。二日酔い予防 サプリ

2お店の控え明細レシート。どうしても疲れが取れない時には発酵黒にんにく酢卵黄の効果がすごい!

3カード会社控え用の利用レシート(署名をするレシート)。ロコモア成分

普段は絶対利用者に対して渡す用の利用レシートを受け取るのが正しいのですが時として店舗で保管するレシートを利用者に対して見間違えて渡してしまうというケースやサインされた側の紙を渡すという痛恨のミスすらあります。

これは時間給の従業員に対してや、通常クレカが利用されるケースの少ない店の会計でカードを使用すると、このような従業員の迷いというものが垣間見れるでしょう(笑)。

いつの日かレジ担当者が間違った使用明細を渡してきた際には、親切に「違いますよ」と正して上げて欲しい。

コンテンツメニュー

    Link