破産宣告すれば保証人の義務も返さなくて良いこと

自己破産手続きでその借り入れにあたってほかに保証人を立てている場合には、事前にきちんと連絡しておくべきでしょう。キレイモ 群馬

ふたたび、強調したいのですが借金に保証人が存在する場合は、破産の前段階にちゃんと検討する必要があります。草花木果

あなたが破産宣告をして免除されるとその人たちがあなたの借金をみんな負う義務が生じるからです。ラサーナ海藻

ですから、破産前にあなたの保証人に過去の内容とか今の状態を報告しつつ謝罪をしておかなければいけないでしょう。クレジットカードおすすめ紹介

それは保証人となる人からすると当然のことです。みんなの肌潤 セット

破産申告することによって、多額のローンが発生してしまうのです。他好き 復縁

それで、その後のその保証人の選ぶ手順は以下の4つです。白内障 治療

一つめは、保証人となる人が「全部支払う」という方法です。

保証人がその何百万もの金額をいともなく返せるといったような現金を持っていればこの手段が可能です。

ただその場合は、あなたが自己破産せず保証人となる人にお金を貸してもらって、今後はあなたの保証人に毎月返済をしていくという解決策もあると思います。

また保証人があなたと信頼関係にある場合などはいくらか完済までの時間を繰り延べてもらうこともできないこともないかもしれません。

保証人がひとまとめにして完済不可能な場合でも貸金業者も話し合いで分割による支払いに応じる場合も多いです。

保証人となっている人にも債務整理を実行されると債権がまったく手に入らない可能性があるからです。

保証人がもしお金を全部負う財産がない場合は、あなた自身と同様にどれかの借金の整理を選択しなけばなりません。

続く選択肢は「任意整理」です。

この場合債権者側と落としどころをつけることにより3〜5年の時間で弁済する形になります。

弁護士などに依頼するときの費用の相場は1社ごとにおよそ4万円。

もし7社からの借り入れがあれば28万円ほどかかります。

当然相手方との示談は自分でチャレンジすることも可能ですが法律や交渉の経験と知識がない方の場合相手があなたにとっては不利な条件を提示してくるので、気を付けなければなりません。

それに、任意整理を選択するとしたとしても保証人に負債を負ってもらうことを意味するわけですから、たとえ少しずつでも保証してくれた人に返済を続けていく必要があるでしょう。

3つめは保証人となっている人も破産した人と同じように「破産申告する」ということです。

あなたの保証人もあなたといっしょに破産宣告すれば保証人の義務も返さなくて良いことになります。

しかしながら、その保証人がマンション等を持っている場合は価値のある私財を失ってしまいますし、税理士等の業務に従事しているのであれば影響は避けられません。

個人再生制度を活用できます。

4つめの選択肢は、「個人再生を利用する」方法があります。

不動産を処分せず債務整理をしていく場合や破産宣告では資格制限がある業務に従事している場合にメリットのあるのが個人再生制度です。

この処理の場合マンション等は残りますし破産手続きのような職業制限、資格制限等がかかりません。

コンテンツメニュー

    Link